高度廃水処理装置

高度廃水処理装置

高度廃水処理装置の主な目的

工場棟新築工事によって新規特定施設 が増えるため、茨城県条例に基づいた新しい排水基準に対応するため、従来 設備に加えて高度な廃水処理装置を増設しました。

プロセスの特徴の実用例

本プロセスには、当社の誇る2つの環境技術が用いられています。(1)(2)

(1)微生物固定化担体

[マイクロブレス]

当社の「マイクロブレス」を担体投入槽に入れて使用しています。使用している「マイクロブレス」は、4mm角の立方体で、その内部に微生物を固定化し、生物処理によりBOD・COD成分の低減を図るものです。実績では、同処理によりBOD・COD成分共に5割以上の低減を実現しています。

(2)汚泥脱水機

[PCセパレーター]

当社の「PCセパレーター」を、沈殿槽から汚泥を引抜いて脱水する処理に用いています。同装置は、真空ろ過式の固液分離機で、本プロセスには6台設置し、自動運転にて使用しています。

(3)廃水高度処理

従来の活性汚泥処理に加えて、難分解性の成分を薬剤で酸化処理して分解するものです。酸化処理の後、高分子凝集剤により凝集沈殿処理を行って更に水質を向上させます。従来の一般的な処理では除去できない成分を処理できるため高度処理と呼ばれます。

高度廃水処理装置のプロセスフロー

高度廃水処理装置のプロセスフロー

汚泥のリサイクル

廃水処理において、もっともやっかいなのが発生する汚泥の処理です。当社では汚泥の全量を外部委託によりコンポスト化(肥料化)しリサイクルしています。

汚泥のリサイクル

抜出された汚泥は、コンテナに入れて処理業者まで搬送され、そこで発酵工程を経てコンポストとなります。用途は、土壌改良材、緑化用資材等です。

高度排水処理装置の効果

特定施設増に伴う茨城県条例の新排水基準(BOD・COD共10ppm以下)に対応し、排水中のBOD、COD、SS*3の廃水負荷半減を達成しました。
*3 SS:浮遊物質量を表す。

環境対策 ENVIRONMENT

お問い合わせはこちら→

お急ぎの方はお電話でも対応します。

  • 大阪:06-4790-7855
  • 東京:03-6858-7360

先端・ハイテク分野に対応 AIONの技術力 →詳しくはこちら

くらしの商品のお買い求めはインターネットショッピング AION SuiSui生活

AION SuiSui生活 楽天市場店

AION SuiSui生活 Yahoo!ショッピング店

ネコかっぱアイちゃんがゆく

ネコかっぱアイちゃんTwitter